夢から深層心理を知るために夢診断を利用してみましょう

心理学者が提唱した言葉

神秘的なイメージ

元々夢診断とは、ユングが科学的根拠を示し、現代では夢診断や夢占いとして認知されるようになりました。

夢は自分の状態を表すとともに、自分の気づかない深層心理を表しているので、それを読み解くことで今の自分に必要な人やモノ、心の状態などがわかってきます。

大切なのは、夢に出てきたキーワードを紐解いていき、必要と判断したことを「現実の世界で実行する」ということです。

脳は眠っているあいだに現実の世界で見たさまざまな状況を記憶として整理したり、無意識が必要としていることを知らせようと映像にして脳に訴えてきます。

これが一番大切なことで、「わけのわからない夢を見た」と思ってスルーしてしまうと、本当の自分からのメッセージを受け取らずチャンスを逃してしまうことになるのです。

無意識が脳に訴える夢は、「本当の自分」が「現実の自分」にして欲しいことを表したものなのです。
つまり、夢(無意識という本当の自分)が「現実でこういう行動を起こせば、自分を解放でき、チャンスをつかめるよ」と訴えていることになります。

夢の映像は支離滅裂に感じますが、そこには「現実の自分と明らかにリンクした」内容が含まれていて、そのひとつひとつを考えていくと、必ず答えが導きだされます。

夢診断・夢占いは自分を紐解く作業ですから、きちんと見ていくことで素晴らしい未来へとつながっていくのです。
夢診断はふつうの占いのように、来年何が起きるとか、金運・恋愛運といった統計学的な要素ではなく、「自分の深層心理」と向き合うことで「自分に与えられた運命を変えてよい方向に導く」ことができます。

占いの科学的な根拠とは

タロットカード

夢は脳からのメッセージであるがゆえに、根拠がある情報となります。自分ではわかっていないような事だったとしても、脳では理解できておりそれが夢としてメッセージが伝わってくることもあるのです。

夢占いの種類について

四葉のクローバー

夢占いで利用できる夢。そんな夢にもいくつかの種類があります。それぞれの種類によって占うことができるような場合もあれば、そうでない場合もあるので、自分が見た夢がどういった種類の夢であるのかを適切に把握することも大切になります。

人気のトピック

様々な種類のろうそく

当サイトで人気のトピックはこちら

占いを必要としている人

フォーチュンクッキー

夢診断をはじめとしたさまざまな占いがあります。そうした占いを必要としている人はどのような人なのでしょうか?ここでは、そうした占いを必要としている人について考えていきたいと思います。